Dr.⾃然治癒⼒〜α波をつくりだそう〜

~2013年11⽉25⽇ あっコラムより~

時として⽇常⽣活においては名医や薬より効く、「⾃然治癒⼒」。 ⼈間・動物などの⼼⾝が⽣まれながらにして持っている、ケガや病気を治す⼒・機能を広くまとめて指す表現で、
⼿術を施したり、⼈⼯的な薬物を投与したりしなくても治る機能のことを⾔います。

東洋医学においては、⼈間が⽣まれながらに持っている病気や環境に対抗する⼒であり、脳や免疫系や⼼の作⽤による免疫システムと⾔われています。 ⾃然治癒⼒は本来、誰もが持っているものです。

体に異物が⼊ればくしゃみや咳が出ること、⾵邪をひけば熱を出して菌を殺そうとすること、切り傷がかさぶたになることも⾃然治癒⼒です。

また、
家族や夫婦の仲が良好だと、ケガや術後の治りが早いと⾔われたり、⼥性が恋をするとキレイになると⾔われたりするのは、ココロとカラダが密接に関係しているからでしょう。 「病は気から」という⾔葉があるように、ココロとカラダはつながっています。

例えば、すごく多忙な⼈でも疲れを知らずに働いている⼈もいれば、同じ環境で顔⾊も体調も悪くなっていく⼈もいます。

その⼈にとっての「⽣きがい、やりがい、楽しさ、達成感」と現実のズレが⽣じてココロがついていかないのではないでしょうか。

もし、好きなことでも「〜したい」から「〜しなければ」という思いに変わってしまう時も同じ状態です。

肩こり、頭痛、不眠、冷え性、⽉経不順、肌荒れ、から始まり、じんましんや胃かいよう、アレルギー等の⾝体機能の異常は、

ストレスによる⾃律神経やホルモンバランスの乱れ、免疫⼒の低下によるものと⾔われています。

つまり、緊張状態(交感神経が優位)が続いてリラックス(副交感神経が優位)が出来ていない状態です。

そうです、⾃然治癒⼒はとってもストレスに弱いのです。

普段の⽇常での脳波はβ(ベータ波)、興奮状態ではγ(ガンマー波)、リラックスしている時にα(アルファ波)が出ていると⾔われています。
1⽇の中で脳がα波の時間を作れるように⼯夫して、ココロもカラダも健やかな状態を保ちたいですね。

α波の効⽤は、副交感神経が優位の状態になり、たっぷり眠ったのと同じくらい疲れが短時間で取れ、⾃然治癒⼒が⾼まります。
また、
記憶⼒アップ、イメージやアイデア等のひらめきが起こりやすく、判断⼒が的確になり冷静になります。

さらに、
⾃分が良い状態でいることはゆとりを⽣み、優しく穏やかにいられるのです。

つまり、
脳波がα波となれば、リラックスした状態となります。

すると、ストレスが取り除かれ、⾝体が⾃然な状態に戻ります。

それにより、⾃然治癒⼒が増すのです。

ココロにもカラダにも良いことがたくさん。 ⼈によってリラックスの⽅法は違いますが、脳波がα波の状態を作り出すような⾃分にあった⾷事、運動、⼊浴等の健康的なリラックス法や、ホッと安らげる⼈や場所を持っていることが良いですね。

禅やヨガでは、ゆっくりと深い呼吸で⼼を開放し安定させている状態(瞑想の感覚)に脳がα波であると⾔われています。

1⽇5分でも静かに座って⽬を閉じて
……ゆっくり深い呼吸をありがたく味わう時間をつくってみるだけで、ココロとカラダが良い状態に保たれる変化が起こるかもしれませんね。

Copyright© HARE HARE , 2020 All Rights Reserved.